ヒルトンオーナーズ最上級ホテル ウォルドルフアストリア上海宿泊記♪ 

部屋


ウォルドルフアストリアホテルといえば、NYのレジェンンドホテル。
昭和天皇もご宿泊になった由緒正しきホテル。星の王子NYに行くに出てきたホテル。

NYに住んでいた頃、いろんな高級ホテルやレストランには平気で入れても、ウォルドルフには立ち入り辛い更に上を行く高級感。。その頃はヒルトン系列だなんて、知りませんでした!!

今回上海に1泊。それも私の誕生日の夜♪ そんなスペシャルなシチュエーションにふさわしいのは和平飯店?ペニンシュラ?と考えていたけど、まさかウォルドルフがヒルトン系列だったなんて♪ 

そんなことでNYでも一度も泊まったことのないウォルドルフに泊まってきました。

ホテル自体には何度か訪れた事があるのですが、外灘の美しい夜景を楽しんだ後にロングバーで少しお酒をいただく程度。

重厚感があってすごいなー。さすが上海♪っていつかは泊まってみたいなって思っていました。

ヒルトンのポイントがあったので、今回はキャッシュ&ポイントで予約。SPGからステータスマッチでダイヤモンドなので、お部屋はアップグレードがある事を前提に一番安いお部屋で。

1,814.24 CNY+ 21,000 ポイント(キャッシュ&ポイント)で予約しました。

アップグレードがかかってキングでラックスリバービュールームに♪ 素晴らしい夜景を一望できる素敵なお部屋にチェックインすると、お誕生日のケーキと、ベットにバルーンが飾ってありました!

床は大理石でゴージャスなバスルーム。旧館ではなく新館で設備は最新です。流石ウォルドルフ♡と記念撮影しまくりでした♪

廊下


バスルーム

バスタブ


予約の際には電話で日本のヒルトンに電話で確認しました。このホテルにはクラブルームやクラブフロアがないことと朝食のサービスはない、と言われました。 朝食は南翔饅頭店に行く予定だったのでまあ、いいかなと思ったのですが、夜7時過ぎのチェックインでそれからディナーは疲れるので、少しクラブフロアで食べたかったなあ。。とそこは残念に思っていたのです。

でもチェックインのときに案内された内容では朝食はついていました!!どうして電話で聞いて間違った情報を堂々と伝えるのか。。と思うと残念ではありましたが、サプライズで倍に嬉しかったです。更に、一人100元の館内での食事に使えるバウチャーを頂きました。これがおそらくクラブルームがないことに対してのトリートなのだと思います。ルームサービスには使えないのですが、ロングバーで一杯づつカクテルを頂き、素敵な夜を過ごせました。

ヒルトンのダイヤモンドメンバーはやはりすごい!!

SPGの場合は、(これも電話で言われた事ですが)原則としてグレードを超えるアップグレードではなく、景色などよりベターな部屋へのアップグレードとなっていますが、ヒルトンは違います。クラブフロアに変えてくれます。実際SPGでもホテルによっては対応してくれているようなので、後は各ホテルの裁量にまかされているのでしょう。 

SPGには朝食無料のサービスはなく、クラブルームにアップグレードされないと、カクテルや軽食も使えないので、それだとゴールドメンバーのメリットが半減しちゃいますよね。 ヒルトン、そしてマリオットは朝食が無料になるので、そういう意味でもSPGよりもこの2つの系列のほうが使いやすいかな。。と思いました。

もちろんSPGあってのヒルトンダイヤですし、SPGでザクザクマイルを貯められるので、必携であることには間違いないです。SPGアメックスは紹介で入るとお得です。作りたい方はこちらからどうぞ。

上海に行ったときはぜひウォルドルフアストリアに泊まってみて下さいね♪

本当におすすめです。次回は朝食についてレポします♪



モッピー!お金がたまるポイントサイト

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

知ってました??日本のパスポートの実力♪ 

今年のファーストフライトNHD-NGO 

【ソラチカルート終了】 保有ポイントを移行する際の注意点とこれからのポイント活動...

お盆のハワイ アウラニディズニーリゾートに半額で行けるなら行くでしょ♡

クレイドルシートはもはやビジネスクラスじゃない?

成田空港のラウン【KALビジネスクラスラウンジ】レポート